アソコの色でお悩みの女性はこれを知らないと!

デリケートゾーンの黒ずみ対策は専用クリームでばっちり!

デリケートゾーンの黒ずみケアはあなたの最重要&必須課題ですよ!

もしあなたが女性で、30代以上であれば、大切なデリケートゾーン、つまりパンティの内側の肌の色やツヤに自信はありますか?

 

二十歳のころと比べてみてどうでしょう。
おそるおそる(^^;) チェックしてみて、どうですか?

 

残念ながら色もツヤもあのころと比べて劣化は免れないですよね。

悩む女性

 

私たちって世間で最近熟女と言われる年代はやはりデリケートゾーンが熟して黒ずんできます。

 

なかなかその大きな流れは止めようもないですが、そのままでいいんでしょうか?

 

自分に対しても悲しいし、何より大好きな主人や彼氏に多少の気おくれ感恥ずかしさはやはりありますよね。

 

この前聞いた話ですが、いま40歳で15年前に結婚した高校時代の友人が、最近ご主人からアソコの色が黒いとなんかメッチャ使ってる感じに見えるねー、って言われたらしいです。そのお二人にはもう5年以上夜の営みはないってことなんですが・・・

 

ご主人には悪気はないのでしょうが、やはりその友人の女性のプライドはかなりキズ着いたみたい。頭を抱えてました。ひょっとして、あなたも同じような経験を持つ人でしょうか?

 

悔しいですね。

 

でも、そのままアソコの黒ずみは放っておいてもきれになってくれませんよ。そのままどんどん黒くなってツヤも落ちていくだけです。悲しいかな(^^;

 

でもあきらめてはいけませんよ! 

アソコの黒ずみはきれいになります!

 

もとのあの色とツヤを取り戻すことができるんです。

 

その方法とは?

 

足

 

デリケートゾーンが黒ずんでくる原因

 

皮膚が繊細なデリケートゾーンは、様々な刺激にて黒ずみが起こります。

 

その1つとして挙げられるは、自己処理で負担をかけていることです。

 

ジャマなムダ毛を目立たなくしようとカミソリで剃ったり、清潔にしたくてお風呂でゴシゴシ洗ったりすると、キレイになるどころか色素が濃くなり逆効果になってしまうのです。

 

素肌の足

 

また、下着の締め付けも大きな原因となりやすいです。

 

デリケートゾーンは常に下着で覆っている部分であるほか、生理のときはナプキンを使うことで肌が荒れることも多く、とても過酷な環境にあると言えます。

 

これらの影響で自己処理と同様、色素が濃くなり沈着しやすくなっていきます。

 

さらに意外なところでは、ムダ毛の脱毛でも黒ずみが起こる可能性があります。

 

施術時に使用するフラッシュやレーザーは通常メラニンを破壊していく方法ですが、その後のケアとして徹底した保湿が重要であり、これが十分でないと乾燥などにより黒ずんでくる場合があります。

 

とはいえ、こういった理由があったとしても、肌のターンオーバーがうまく行われていれば次第に黒ずみは薄れてきますが、目立ってくるということは、その働きが弱っている証拠となるのです。

 

 

 

気になるデリケートゾーンは専用クリームで改善する

 

女性にとってデリケートゾーンの黒ずみは、恥ずかしさに加え自信がなくなり消極的になる要因となりやすいです。

 

そうなる前に少しでも気になったときは、デリケートゾーン対策専用のイビサクリームの使用をおすすめします。

 

海外のセレブたちは好きな人に愛されるボディを目指せるよう努力しているのが普通ですし、日本でも美意識の高まりとともに、デリケートゾーンのケアに関心をもつ人が増えてきています。

 

その際に美白ケア商品として、高い人気で幅広く使われているのが、このイビサクリームです。

 

喜ぶ女性

 

イビサクリームはメラニンを抑制し肌荒れを防止するため、高い信頼性を誇る「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸2K」の2つの薬用成分を主成分として使用しています。

 

またお肌の黒ずみに働きかける天然由来の植物成分が4種類配合されています。

 

このほか肌の生まれ変わりをサポートし肌状態を整えられるよう、乾燥予防を目的として8種類もの保湿成分が入っています。

 

正常な肌のターンオーバーには、刺激となるものは一切禁物なので、負担となりうる合成香料や着色料、アルコールなどは含まれていない点も大きな魅力です。

 

朝と晩に塗るだけと使い方も簡単であり、これなら飽きっぽい人でも毎日忘れずに続けられます。

 

目立つ色の濃さで恥ずかしい思いをしたくない、もっと自信をもちたいという人はうまく利用してみるとよいでしょう。

 

大切なあの人が「あれ、ここ、いつの間にこんなにきれいになったの!うれしいな〜!」って喜んでくれている顔を見たくないですか?

 

ハッピーな二人

 

服を着た姿だけが女性の美しさではありません。内面の、本来の姿の美しさこそ、あなたのパートナーが望んでいるものかもしれません。

 

ぜひデリケートゾーンまで美しくな努力をしてみてください。
そしてひとつ高いランクのお付き合いをパートナーと楽しんでくださいね。

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム


ホーム RSS購読